Sample AIR Application ( No.AIR03:Wedding Gift AIR )

2009年12月28日

AIRアプリ第3弾は、実際の利用シーンをイメージしたアプリケーションとなっています。
結婚式で配られるカタログギフトが、もしFeliCaカードになったら、という設定です。
このアプリをFeliCaランチャーと組み合わせることで、配られたカードを家のPCのFeliCaポートにかざすと、カタログギフトのAIRアプリケーションをダウンロードし、起動することもできます。
これによって、これまで冊子では不可能だった、カタログのカスタマイズや、フォトアルバムへの誘導、携帯電話へのWebサイト誘導などが「かざす」という簡単でわかりやすい操作できるようになります。
今回は、このアプリケーションのバイナリ(動作サンプル)と、ソースコードを公開させていただきます!

”Wedding Gift AIR“サンプルアプリケーションのインストールはこちらから。

実際に起動した画面が下記となります。このほか、画面上ではFeliCaとの通信状況を表示するログ画面も表示されます。

wedding_air_top

初期化が終わり、リーダ/ライタのオープンに成功すると、実際にFeliCaをかざすことで、商品カタログページを開くことが出来ます。
カタログを開く際にはカタログ専用のカードをかざすことで認証するイメージを想定していますが、このサンプルアプリにかざすFeliCaは手元にあるもので何でもOKです。現状は、かざした際にクリックする仕様となっていますが、かざしただけでカタログが開く作りにもできます。
フォトアルバムについては、初期画面からクリックのみで開けます。
カタログが開くと左右の矢印でいくつかのサンプル商品を選択できます。
今回のギフトカタログで想定しているFeliCa Liteでは、減算レジスタがあるため、こういったギフトカードなどの利用に適しています。

wedding_air

カードをかざしたまま「決定」を押すと、そのカードに(擬似的に)付いているポイントから減算され、ダミーの送付先・履歴などの遷移が表示されます。

また、ギフトカタログページ上にある「式で使用した曲を着メロ配信中!!」という部分をクリックすると、披露宴で使用した曲のダウンロードページ誘導をイメージした画面遷移となり、携帯電話(おサイフケータイ)をかざして「送信」すると、携帯電話上にURLが送信されます。
wedding_air_push

こういった、カードをかざすだけでカタログを表示し、かざすだけでモノが選んだり出来るところは、SDK for FeliCa & Adobe AIR/Adobe FlashとFeliCaランチャーの組み合わせが活かせるところだろうと考えています。

このサンプルアプリを参考に、是非いろいろなシナリオのアプリケーションを開発してみてください!

Wedding Gift AIRサンプルアプリケーションのソースコードはこちら。

★このサンプルをビルドするためには、SDK for FeliCa & Adobe AIR / Adobe Flash Standard (以下、SDK Standard)が必要です。

FeliCaランチャーサービスに法人登録するか、FeliCaの中にSmartPosterフォーマットで直接URIを記述することで、発行カードの種類に応じたWebサイト/アプリダウンロードに誘導できます。

コメントは受け付けていません。